2008年08月06日

こむらがえり

saiket2.gif

最近起きぬけにこむらがえりが起きて、ひどい目にあっています。
足がちぎれてしまうかと思うほどの痛みに冷や汗がでてきます。
救急車を呼ぼうかとさえ考えてしまいます。

先日人間ドックを受けたので医師に相談したところ、多量に汗をかくことによって発生するそうです。

医師から受けた説明は次のようなものでした。


足がつる、こむら返りは、足の筋肉の痙攣(けいれん)で、ふくらはぎ(こむら)に起こることが多いので「こむら返り」といいます。太ももやふくらはぎの筋肉に多いです。

足の裏がつる・足の指がつる原因の多くは「ミネラル不足による筋肉の異常収縮」です。そのため、黄砂の影響や熱中症の前兆で起こることもあります。全身の筋肉で起こり得ます。
筋肉全体の性能も低下しているので、腱鞘炎にもなりやすい状態です。

足がつるのは睡眠中、朝方、寝床の中で何気なく伸びをした時に起こることが多いようです。
足がつるのを防止する栄養素として役立つミネラルで、最も不足しがちなのは、マグネシウムです。
マグネシウムは体内で不足しがちな上、薬などでも消耗するため、様々な要因で不足しがちです。

足がつる、こむら返りの原因の多くは「ミネラル不足による筋肉の異常収縮」です。筋肉の収縮及び弛緩のバランスをとっているミネラル分が不足して筋肉が異常収縮を起こし痛みが起こります。ミネラル不足は、食事の影響も大ですが、急激な運動、冷え、水分の不足、血行不良によっても起こります。

マグネシウムは、細胞の活動に必要なカルシウムやカリウムが出入りできる状態にする働きを持っています。そのため、マグネシウムが不足すると、筋肉が過敏になってしまいます。
 
腎臓・心臓に問題のある人は、分子栄養学に詳しい医師に相談して、サプリメントを摂取するのが理想です。

クエン酸やホウ素はマグネシウムの吸収を良くします。

マグネシウム→ 素干しワカメ、かぼちゃ、アーモンド、ひじき、しらす、なまこ

クエン酸→ 梅干、酢、レモン、オレンジ、グレープフルーツ、モモ、キウイ、イチゴ、メロン、パイナップル

ホウ素→ 寒天、りんご、梨、ぶどう、桃、ピーナッツ、わかめ

足がつる、こむら返りの原因としては、代謝産物の異常、水分バランスの異常、血漿電解質濃度の異常、冬の寒さや夏の暑さなどの過酷な環境条件、神経系の反射異常などがあります。

運動している人は、特に神経系の反射異常が起こらないようにすることが重要です。

筋肉(腱)の中には筋肉が「伸びている」ことを伝えるセンサーがあります。このセンサーから脳は「これ以上、筋肉を収縮させるな」という信号を受けています。

筋肉が疲労するとセンサーの信号量が減ります。すると、脳は「筋肉を持続的に収縮しろ」という命令を出します。「つっている」筋肉をゆっくりとストレッチする と 「つり」が解除されて、元の状態に戻りやすいのは、ストレッチがセンサーの信号を出やすくするためです。

足がつる、こむら返りの予防は、筋肉を疲労させないことです。筋肉が疲れてきたら、軽いリンパマッサージなどで疲労を取ります。センサーの信号が出やすくするなるよう、練習や試合の前に、つりやすい筋肉を入念にストレッチします。これでセンサーも含めた神経を目覚めさせることができます。

神経の伝導には、電解質(イオン)を使うので、スポーツドリンクなどで、運動前にしっかり補充しておきます。バナナはカリウムが多い食べ物なので、バナナにアレルギーの無い人は試合の合間などに食べておくと補充できます。

これらを踏まえて具体的に医師から頂いたアドバイスは

朝起きるときに「こむらがえり」が起きるので、寝る前に

1.スポーツドリンクを飲む。

2.梅干しと砂糖を摂取する。
の2つでした。

早速実行しています。
posted by rin at 22:31| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
Michikoさん、お久しぶりです。

「こむらがえり」、私もたまに起きます。
あまりの痛さに冷や汗が出て、どうしようと思いますよね。
寝る前のアドバイス、参考になります♪
早速、私も実行してみます。(^^)
Posted by Anne at 2008年08月09日 22:01
Anneさん、お久しぶりです。

「こむらがえり」本当にどうしたらよいか、うかつに動くこともできず大変な思いをしてしまいますよね。

体は正直に反応するようです。無理はできませんね。
Posted by 管理人 at 2008年08月14日 16:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。